キャバクラでは『ヘルプ』の協力が不可欠!ヘルプのキャバ嬢の育て方

目次

キャバクラの「ヘルプ」の役割

ヘルプキャバ嬢
キャバクラの仕事でとても重要なのが、「ヘルプ」の役割です。

キャバクラの「ヘルプ」とは、本指名の女の子がいるお客さんへの接客のこと。

指名が多く入る人気のキャバ嬢は、たくさんのお客さんから指名をいただくので、本指名のタイミングが被ることもよくあります。お目当ての女の子が他の席のお客さんについている間、お客さんを退屈させることなくテーブルの場を持たせる「つなぎ役」をするのが、ヘルプのキャバ嬢の大事な役割。

指名がある程度とれる中堅のキャバ嬢がヘルプにつくこともありますが、一般的にどのお店でもヘルプには新人キャバ嬢や、派遣のキャバ嬢がつくことが多いです。

セイラ
だからといって、決して誰にでも簡単にできる仕事じゃありません。

優秀なヘルプのキャバ嬢の条件

ポイントリスト
優秀なヘルプは、指名キャバ嬢のやり方に合わせた接客をします。ある程度の経験を積んで稼げるようになってくると、誰でも自分なりのスタイルができてくるもの。

そこに、全くタイプの違う接客しかできないヘルプの子がついてしまうと、お客さんが違和感を感じて居心地が悪いと感じてしまうかもしれません。あくまでも、指名キャバ嬢のやり方に合わせてくれる女の子を選ぶのが基本。自分に憧れ、目標にしている女の子だとうまくいく確率が高いです。

そして、お客さんを飽きさせないよう、短時間で趣味の話題などを上手に引き出してトークができるスキルを持ったキャバ嬢の存在は、とても重宝します。

ただし、いくら話が盛り上がっても、指名キャバ嬢がいるお客さんにヘルプのキャバ嬢が連絡先や名刺を渡すのはNG行為。そして、指名のキャバ嬢の個人的な情報を聞きたがるお客さんは多いですが、ペラペラと喋ってしまうような口の軽い子は困ります。

セイラ
口が堅いのが優秀なヘルプの必須条件です。

また、自分からお客さんにドリンクをねだったり、ベタベタととしたスキンシップをしないといった、基本的なキャバクラの接客ルールを守った接客ができなければ任せられません。

指名キャバ嬢の信頼を得ようとする、素直さや誠実さも誰をヘルプにつけるかを決める時のポイントとなります。

ヘルプのキャバ嬢を育てる時に意識すること

成長する芽
キャバクラで稼ぐには、ヘルプの仕事を安心して任せられる優秀なキャバ嬢を何人も育てることが不可欠です。ヘルプのキャバ嬢を上手に味方につけ、同時に指名客を取りやすくなれば、どんどん稼げるようになります。

ただ、中にはルール違反や裏切り行為をする女の子もいるので、接し方を間違えると大事なお客さんを失ってしまいかねません。

では、後輩キャバ嬢の育成には、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。ここからは、ヘルプのキャバ嬢の育て方をレクチャーしていきますね。

話かけやすいオープンな雰囲気を心がける

いつも忙しそうにしている、理由はともかく機嫌が悪くて話しかけにくい、と言われたことはありませんか?

気軽に質問や相談がしづらい空気を出していると、連携ミスに繋がってしまいます。

「何か困っていることはない?」
「わからないことがあったら、遠慮なく質問してね」

など、こちらからの声かけも積極的に。いつでも話しかけやすい、オープンな雰囲気を心がけるのが大切です。

「一緒に頑張る」という気持ちを忘れない

先輩キャバ嬢のネガティブな言葉や自分勝手な言動は、後輩を不安にさせ、モチベーションが下がってしまう原因にもなりかねません。

今は未熟だとしても、何かきっかけがあれば急成長して、一気に花開くことだってあります。前向きな言葉をかけ、寄り添いサポートする姿勢を見せながら、信頼関係を築くのがポイントです。

セイラ
一方的に叱咤激励をするだけでなく、自分も一緒に頑張るという気持ちを忘れないように接してあげましょう。

上から目線で指図しないようにする

いくら先輩であっても、いつも上から目線で説教じみた話ばかりされたら、さすがにウザいですよね。ヘルプの子に何かをお願いする時には、指図や命令のような口調にならないよう、くれぐれも気をつけましょう。

何でもできて当たり前ではありません。依頼された相手が気分良く動けるよう、言葉遣いにも気遣いや思いやりが必要です。

お客さんに「この子、私が可愛がっている後輩なの。よろしくお願いしますね」といった感じで、期待をして大切に育てていることをアピールするのも効果的。

お客さんもお気に入りの指名キャバ嬢からそう言われたら、温かい目で見てくださいます。もしヘルプの子が何かミスをしても、「そういう時は、こうしたらいいよ」などと優しく教えてあげたくなるものです。

セイラ
私もヘルプ時代に、お客さんからいろいろ教えてもらった経験がありますよ。

お礼と謝罪はしっかりと伝える

後輩に対してお礼の言葉や謝罪の気持ちを伝えるのは、とても大事なことです。お礼の言葉を言ってもらえるだけで、次も頑張ろうという気持ちになることもありますよね。

でも、現実には意外とちゃんと伝えられていないことも結構多いものです。自分では伝えているつもりでも、伝え方を工夫しないとなかなかうまく伝わりません。

また、酔っ払いのお客さんからお酒を強要されたり、しつこいボディタッチやセクハラ行為など、接客中にヘルプのキャバ嬢が嫌な思いをした時など、「さっきは大変だったよね、ごめんね」といった声かけでフォローしましょう。

例えば、お客さんとのアフターに行ってくれたヘルプにはお小遣いを上乗せして渡したり、個人的にプレゼントの品物をあげるなど、「アフターに行ってくれてありがとう」という感謝をカタチにして伝えるのも大事なことです。

また、ヘルプのキャバ嬢が無理してお酒を飲まされて悪酔いしてしまった、お客さんとトラブルになってしまった時など、ヘルプの女の子を一人で帰宅させるのはちょっと冷たいですね。

自分が送ってあげても良いですし、できない時は送迎サービスを利用したり、タクシーを呼んだりして、責任をもって家まで送り届けてあげましょう。

ヘルプを大事にするキャバ嬢には売れていく人も多いです。その人柄やおもいやりで売れているので、お酒が飲めないノンアルキャバ嬢でも売れることができますね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる