キャバクラで働くなら『体験入店』は必須!体入で必要な持ち物・注意点

目次

キャバクラの体験入店(体入)とは

繁華街
キャバクラで働きたいと思って求人情報を検索していたら、「体入」という言葉を見かけると思います。「体入」というのは、「体験入店」を略した言葉です。

体験入店とは、キャバクラの面接を受けて合格した後、そのお店で本格的に働き始める前に、お試しで短時間働いてみるシステムを意味しています。

仮に、自分はすぐにでも働きたいと思っていて、「いきなり本入店したいんです!」と言ったとしても、よほど特別な事情がない限り、お店側からひとまず体験入店をするように言われるはず。体験入店をするためには、まずキャバクラの面接を受けて仮採用される必要があります。

セイラ
希望したからと言って、誰でもが体入できるわけではありません。

体験入店はお試しとはいえ、実際にお店の営業時間中にお客さんの前に出て接客するので、全く接客に向かない女の子にウロウロされたら困りますよね。面接の時点で、明らかに無理っぽい印象を持たれると、体入をするチャンスすらないままに不採用という結果になってしまいます。

体入は面接当日に即日体験できる場合と、後日別の日に体験入店する場合の2パターンがあります。

実際に体験入店をすると、お店の全体的な雰囲気や在籍しているキャスト、スタッフ、来店されるお客さんの客層などを少し知ることができます。

求人サイトの募集条件に書かれていた内容が合っているか、漠然としたイメージしかなかった部分を具体的に確認したり、自分がそのお店の雰囲気に向いてるか、合っているかといった感覚的な部分を五感で感じられるはず。

やっぱり無理、自分には合わないなと思ったら、本入店はせずに体験入店だけで終了してもOK。もちろん、お店側も女の子がやってけるかどうか見ているので、あまりにも無理そうだった場合はいくら希望しても本入店できないこともあります。

なので、体験入店は女の子にもお店側にもメリットがあって、お互いのためなんです。

体験入店(体入)をする時に必要な持ち物

ポーチ
初めてキャバクラに体験入店する時、何を用意すれば良いのかよくわからなくて、不安に感じる人も多いと思います。

セイラ
お店によっては、「手ぶらでOK」と書かれていることもありますよね。

実際にドレスや靴など必要な道具はレンタルしてもらえるものも多いんですけど、お店によって事情は異なります。中には自分で用意しないと困るものもいくつかあります。

顔写真付きの身分証明書

年齢確認のために、身分証明書が必要です。本人確認のため、顔写真入りがベスト。お店によって必要な身分証が違う場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

ヌーブラ

衣装や靴はレンタルできても、ヌーブラは自分で用意する必要があります。露出度の多いドレスを着た時にキレイに見えるよう、準備を忘れずに!

ストッキング

キャバクラでは、基本的に生足はアウト。

黒いストッキングはNGの店も多いので、ナチュラルな肌色を用意しておくと安心です。

ハンカチ

2枚必要です。お客さんのグラスを拭いたり、下着が見えないように自分の膝にかけたりするのに使います。

ポーチやミニバッグ

お店によっては貸し出してもらえる場合もありますが、数が足りない場合もあるので、自分で用意しておくのが無難です。

中に入れるものは、ハンカチ、ライター、名刺入れ、メイク道具、筆記用具(ペン、手帳)、スマホなどです。お仕事中には常に持ち歩くので、小さめでキレイなデザインものがおすすめ。

メイク道具

ファンデーションや口紅など、簡単にお化粧直しできるアイテムだけでOK。

名刺入れ

お店から体験入店用に渡される、名前の書いていない名刺を入れるのに使います。

筆記用具(ペン・手帳)

お店から渡された名刺に、自分の名前や連絡先を書いてお客さんに渡すのに必要です。

かわいくて使いやすいもの、個性的なデザインのペンを持っていると、お客さんとの話が弾むきっかけにもなりますよ。

体験入店(体入)の際に注意する点

注意
体験入店をする時には、注意する点がいくつかあります。

体験入店(体入)をドタキャンしない

面接の日とは別の日に体入をする場合に、ドタキャンをしないこと。
日にちが空くことで気の緩みとか気持ちの変化が出る人もいます。無断でドタキャンなんて最低です。

セイラ
万が一、急病などで行けなくなったら、必ず連絡して改めて別の日程を相談するようにしてくださいね。

体験入店(体入)の時は挨拶を忘れない

お店ではキャストやスタッフ、お客さんに笑顔で挨拶をきちんとするように心がけましょう。緊張すると思いますが、無表情で固まっていては仕事になりません。挨拶は接客の基本中の基本です。

体入はお試し勤務とはいえ、遊び感覚ではダメ。キャバ嬢としてのプロ意識をもつことが重要です。

体験入店(体入)の時は隅々までチェックする

そして、求人情報だけではわからないお店の雰囲気をよく観察して、チェックしましょう。
緊張して何が何だかわからないまま時間が過ぎてしまって、あまりよく覚えていないといったことになってはもったいないですからね。

キャバクラ選びをする上で体験入店は必要不可欠

今回は、キャバクラで働くのに必須の体験入店(体入)について、詳しく解説してきました。

体験入店をすることはお店選びでとても重要です。
例えば、キャバクラを選ぶ時に新規オープンと老舗どっちを選んだ方がいいかと迷った時も、体験入店をしてみて自分が感じた感覚が大切になってきます。

セイラ
私が新橋のキャバクラに決めた時ももちろん体験入店をしました。

体験入店するお店を探す時には、体験入店専門の求人情報サイト「体入ドットコム」が便利でおすすめです。

料金も一切かからず、気に入る店舗が見つかるまで何回でも応募できるので、安心して利用できますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる