参加申込
参加申し込みはこちらからお願いします
150708173810_a

CHAIRS Theater 「台北カフェ・ストーリー」

開催日時 2015年09月30日20:00〜22:00
料金
社会人:1,300円 学生:1,000円
開催場所 銀座CHAIRS
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目9−13 K―18かんべ土地

詳細

CHAIRS Theaterとは?

未来を変える人・モノ・サービスを生み出す場所CHAIRSでは
2015年9月から約1年、映画鑑賞会「CHAIRS Theater」 を開催していきます。

世界にはどんな問題があって、これからどのような未来を描いていきたいのか、時代も、国も、自由に飛び越えられる映画には、そのヒントがたくさん隠れていると思っています。

そんな体験を仲間と共有し、描くべき未来について大きくも小さくも考える、

このCHAIRSで出会う映画と人を通して、未来をもっと良くするアイディアが生まれるそんな場所でありたいと思いスタートしたのがCHAIRS Theaterです。




今回、皆さんと鑑賞する映画は、2010年の台湾映画「台北カフェストーリー」

「価値はお金ではなく、人の心が決める」
台北で美人姉妹がカフェをオープンする。
このカフェでは「物々交換」が人気に。
物と物を交換するとき、実は物にまつわる
ストーリーも同時に交換している。
そして、姉妹は価値観を変えていく。


(あらすじ)
あなたにとって、一番 大切なものは?
OLからカフェのオーナーに転身したドゥアルと妹のチャンアルが念願のカフェを台北でオープンする。ドゥアル・カフェは、コーヒーのアロマ、手製のデザートの香りであふれている。しかし、やっと開店したものの、お客が入らない。そこで妹チャンアルが、カフェで物々交換を始めるアイデアを思いつく。様々な物が持ち込まれ、そして次のオーナーのもとへと去っていく。やがて物々交換はドゥアル・カフェの一番の魅力となっていく。そして物々交換がきっかけで出会った人たちが、心を通わせていく。
ある日、一人の男性がお店にやって来る。彼は世界35都市で集めたという35個の石鹸を持って来て、何か特別なものと交換したいという。以後、カフェに来る度に語られるそれらの石鹸のエキゾチックな物語にドゥアルの心は魅せられていく。そして、物々交換をきっかけに、姉妹の価値観が変わっていく。本当に大切なものは?台北を舞台に展開するオシャレ感覚溢れるカフェ・ストーリー。


『悲情城市』で第46回ヴェネツィア国際映画祭グランプリ受賞を受賞したホウ・シャオシェンが製作総指揮を務めた作品で、監督はホウ・シャオシェン監督作品の『フラワーズ・オブ・シャンハイ』に助監督として参加したシアオ・ヤーチュアンです。

個人の価値観の違いとは、あなた自身が大切にするものとは何か。

映画の詳細はこちら



上映映画:「台北カフェストーリー」
日時:9月30日(水) 20:00~上映開始(19:30開場)
場所:銀座CHAIRS
料金:社会人1300円、学生1000円
会場にはフリードリンクとスナックなどをご用意しております。



参加申込
参加申し込みはこちらからお願いします